テラコッタとブロカント          


by coursdeterre

プロフィールを見る
画像一覧

ご質問・お問い合わせは

カテゴリ

全体
自己紹介
about Cours de Terre
テラコッタ
暮らし
古道具・アンティーク
ジャンクとガーデンと花
イベント
ブロカント展
おいしいもの
千葉のcafeとshop
東京下町のcafeとshop
パリ日記
パリ日記2012
旅と散歩

ローラの家
LIVERS DE VERS

お気に入りブログ

バラの庭づくり oake...
トスカーナ オリーブの丘...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
wreath of 36...
GENUINE
AT Y’s お花と暮らし
go! go! Favo...
青空時間
Harvest *Wreath
工房nonaの日記
coco wa cafe  
あとりえ fu-ro ...
わがままdiary *U...
SOMETIME BLUES
Am*sam
オンリーwanの預かり日記
kupu
ironna happa 通信
そばにhandmadeが...
*vie noix
visitandine(...
alotof love!
とことこぱん
m*Flower
林檎切手倶楽部
green + wire
Fragoline**
バニヤンの木陰で・・・
gris souris
Cours de terre
ヒビノカケラ

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

le 7 mars samdi 2009

今日はユリエリたちは、モンサンミッシェルに行くとバスツアーに
参加しに行った。
出かける間際まで、「和代ちゃんも一緒に行けばいいのにーーー」と
恨めしそうに私を見ていった。ごめんよー、つきあってあげられなくって、
だって蚤の市も大詰め。

それに、以前、イギリスの南西を旅したとき、セントマイケルマウント行ったことある。
モンサンミッシェルほどの豪快さはないかもしれないけれど、海に浮かんだ小さな島に
修道院。
まったく同じ、たぶんこの二つは宗派が同じとかで、兄弟みたいなものなのかなって
勝手におもっている、ちがうかも。
余談ですが、セントマイケルマウントをフランス語でいうと、モンサンミッシェル、です。
c0129702_213570.gif


きょうは蚤の市を、はしご。





c0129702_2126357.gifc0129702_21271970.gif
c0129702_2130670.gifc0129702_2131130.gif


状態のいいリネンたち。
大好きなリネンのワンピースがここにはいっぱい。

気分も荷物もホクホクになったところで、やっぱりお腹がすく。
食欲復活。

c0129702_21531018.gif


地図をもたず、ふらふらと歩いていると、
ここはムフタール通りです、と道案内地図発見。

Vous etes ici  あなたはココにいます、と。

英語だと、Yor are Here! って書いてあるのを見ますよね。







c0129702_21572142.gif


カフェもよりどりみどりで、「plat du jour」(今日の定食)の看板をみながら、
ここに決定。
カフェカーテンがカワイイ。

パリのカフェには、窓際に座っても、顔が外から見えない高さに、
カフェカーテンがかかってたりする。木の窓枠とカフェカーテンが、
とってもお洒落にみえるんです。






c0129702_2203320.gif


古いバーカウンターのあるカフェ、きっと歴史があるんだろうな。





c0129702_222090.gif


私が頼んだのは、クロックムッシュ。ひさしぶりにフランスっぽい食事とった。
卵やチーズをのせていたパンがとっても美味しかった。
本当に、パリはどこで食べてもパンがおいしい。


今日はびっくりしたことが2つ。
地下鉄での出来事。

ホームに行くと人だかりしているので、何かアクシデント!か、とおもったら、
わたしの目の前を猫が走り抜ける。

一瞬目を疑ったが、猫が走るたびに、人々も一緒に移動。
猫を捕獲しようとみんなが一斉に協力しあっている。
ちらりと横を見ると、飼い主が顔をおおい、手も出せずに見守っていた。

移動用のバスケットにいれていた猫が大脱走。

こりゃ大変だ、猫を5匹も飼っているワタシ、猫ちゃん助けに私も加勢。
そこへ、ひとりの若者が猫をがしっと捕獲してくれた。
ホーム下の線路に行かなくてよかったなーと、みんながホッと胸をなでおろす。

怯えた猫をバスケットに入れて、きちんと鍵をしめる。
飼い主の動揺が私にも伝わってきてしまい、
地下鉄に乗ってからも、つい見守ってしまう。
バスケットの中の猫に声をかけている飼い主さん、
我が家の猫たちも元気にしてるかなあ、って思いだしてしまう。

降りる駅になって、バスケットを抱きかかえる飼い主さんに、
電車のドアを開けてあげる。
最後までおせっかいのワタシ。

涙目の飼い主さん、ひたすらメルシ―メルシー。
あードキドキがずーーっと止まらなかったです。


ちなみにパリの地下鉄のドアは、ハンドルをあげないと
ドアは開かないのです。
自動ドアではありません。
両手がふさがっていると、開けるのが大変、
でもそんなときも、必ず親切なパリの人が助けてくれます。


びっくりしたもう一つは、また後日ーーー。

さーいよいよ明日明後日は、hygge+さんで
「旅するブロカントvol.3」です。

2日間わたしもお店におりますので、
ぜひぜひ遊びにきてください。


くわしくは、
hygge+さんのHP コチラから

そして、mon grenier
http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=savaciao

もご覧になってください。
by coursdeterre | 2009-04-28 22:49 | パリ日記

le 6 mars vendredi 2009

c0129702_1752160.gif昨日は絶不調だったけど、睡眠をたくさんとって、元気取り戻し、
今日は、ヴァンヴの蚤の市の日。

いつもは土日だけなのですが、今日はヴァンヴの特別な日。
地方からの古道具商が店を並べるとかで、
いつもとは違った古道具商が来る日なのでそうです。

今回のパリ行きの目的のひとつ、
友人から紹介してもらった、パリ在住でアンティークショップのRさんと会うこと。
Rさんと、ヴァンヴもご一緒にすることに。
多くを学び、とっても刺激的になった今回のパリ、Rさんにはいろいろと助けていただきました。

ヴァンヴでは、自分用にレースのカーテンと手芸用品をすこし。

Rさんと、アンティークの話をしながら、カフェで何時間も過ごしました。
話はつきません。

また日曜日、地方の蚤の市で会う約束をして、アパルトマンに戻って、
すこし荷物の整理。


そろそろお土産ものも買いたいよねーと、
美術館に行っていたユリエリが帰ってきてから、3人でオペラ座まで出かける。

讃岐うどんが食べたくなって、お店をさがすけど、
見つからず、結局ラーメンで夕飯をすます。

パリにきてラーメン。
なんだかねーーーー。

お店は「サッポロラーメン」です。これがねー
いつも以上においしくかんじるのです。
by coursdeterre | 2009-04-26 22:49 | パリ日記

le 26 avril 今日の庭の花

今日は風が強いですねー。
薔薇の蕾についたアブラムシたち、この風で吹き飛ばされればいいのに、
今朝は、小さな毛虫まで発見、
ムシたちが暴れる季節、いやですねーー。

さて、今日のお花は、「アグロステンマ・オーシャンオパール」

c0129702_14231111.gif


和名は「麦仙翁(むぎせんのう)」。

ラナンキュラス・ゴールドコイン、イングリッシュデージー、ルッコラ、ミントたちと、
小さな花束にして、花瓶に。





c0129702_14293911.gif


風にそよいで、次々に花を咲かせてくれます。

かわいいでしょう。
by coursdeterre | 2009-04-26 14:37 | ジャンクとガーデンと花

部活動はじめました

わたし、部活動はじめました。

これ、部長のうけうりですが、

そう、それは「林檎切手倶楽部」。ワタシ部員のひとりです。

c0129702_15213623.gif


最近買った切手。
「この御紋が見えぬか―控えひかえー」
ぴかぴか光った鶴にお扇子は、

天皇皇后両陛下御結婚満五十年記念として発行された切手。
とーーってもおごそかな切手です。

美しいから記念にとっておこうーー、なんてことは、
ワタシはしません、じゃんじゃん使います。

切手って楽しいよね、
デザインがいろいろ、
集めてジャンジャン使うのがみんなと共通。
かわいいのがたくさんあって、みんなどんなの持ってる?

そんな会話をしていたのが、2月、ギャラリー林檎の木で「仏蘭西風に」展を
開催中のときのこと。
ギャラリーのオーナーである河合さんや、カナパンのカナさんたちと、
テーブル囲んでワイワイ切手話に花が咲いてから、

ついにサカモトさんまで巻き込んで、「林檎切手倶楽部」部活動が始動しました。

ブログまで作ってしまったのですが、まあそれはボチボチと。

くわしくは、河合さんのHP → コチラまで。
by coursdeterre | 2009-04-25 15:37 | 暮らし

le 5 mars jeudi 2009 (2)

パリ日記、久しぶりに再開です・・・
また明日、なーんて言っていらい、ずいぶんとあけてしまいました、ひえーーっ、ごめんなさい。

ノートに書き留めた日記を見ながら、また書き始めます、あともうちょっと、
お付き合いくださいね。

アリーグルでめぼしい古道具は見つけられずに、夕飯の食材だけ持ってトボトボと歩く、
寒さで震え、とにかく暖をとりたくてカフェを探しながら歩く。
今日は身体の調子悪く、足取り重い、疲れがピークに達したのかも。

c0129702_11302074.gif


かわいい子供服やさん、
この紫の色づかいに布のデザイン、かわいいなあと足を留める。
右下のぶらさがった人形に注目!かわゆすぎるー。


c0129702_11371589.gif

ウインドウの飾り方も素敵、紫のトーンにこだわっています。
この界隈は最近すごくお洒落な地域として注目されています。
ブティックのウインドウだけ見て歩いていても飽きない。








c0129702_1235525.gif


ゴージャスなお花やさん。


c0129702_13305183.gif

ディスプレイが本当に素敵で、
オーナーの方にことわって隅々まで見せてもらいました。

c0129702_13335050.gif


ショップというよりも、
パリのアパルトマンのリビングにいるよう。

ライトもわざわざ違うものを吊下げていて、
額やミラーの配置、
壁の色まで。
このセンス、パリの人たちは本当に飾りつけが
上手なのです。

これから配達をするときだったのか、忙しくお花を
車まで何度も往復して運んでいた女性のオーナーのかた、
笑顔も素敵でした。



c0129702_13511436.gif


町の普通のパンやさん。

どこにでもあるパンやさんなんだけれど、入口はどこも素敵。
ここは、滞在していたアパルトマンの近く、
結局、バゲット、クロワッサン、タルトタタンを買って、
部屋で昼食。

ユリエリたちが帰ってくるまで爆睡で、
二人の夕食に、アリーグルで買ったムール貝やイカでパスタを作ってからも、
横になってしまい、朝まで爆睡。

このワタシがご飯食べずに寝るなんて―天地がひっくりかえるぞ、
この日は絶不調で、こりゃまいったーーーっの日でした。
by coursdeterre | 2009-04-25 13:54 | パリ日記

le 24 avril 今日の庭の花

春の日ざしをうけて、庭の草花たちはグングンと育っています。
薔薇たちは、蕾がいっぱい、我が家のいちばん早い薔薇の「ポンポンドパリ」は
玄関先を覆うように咲いています。4月末が一番見ごろです。

さて、ひさしぶりに今日の庭。

c0129702_22534437.gif


「ユーホルビア・ブラックパール」。
イングリッシュガーデンには欠かせない宿根草。

暑さ寒さにとても強くて、
花期がすごく長くて、

切り花にしても渋いアレンジで楽しめます。
by coursdeterre | 2009-04-24 23:08 | ジャンクとガーデンと花

parisからの荷物

c0129702_2356472.gif
パリからの荷物が届いた。

これから新しく旅立つ古道具がいっぱい詰まっている。

最初のお披露目は、hygge+さんで。

29日と30日

「旅するブロカント」 +プリュス 「アンティークファブリックのハンドワーク」

ぜひ遊びにいらしてください。



くわしくは、

hygge+さんのHP コチラ

mon grenier : http://www.qomono.com/qoblog.php?bloger=savaciao も。
by coursdeterre | 2009-04-21 00:00 | ブロカント展

これからの予定

c0129702_1141533.gif
「旅するブロカント vol.3」展
+プリュス 
 「アンティークレース・ファブリックのハンドワーク」展

2009.4.29(wed)11:00-15:00 & 4.30(thu)10:30-15:00
     (open時間が違いますのでご注意ください)


 【冬のブロカントを見つけるのはとっても難しい、蚤の市が少ないのだ。
  パリの長い冬の間、ブロカンターたちは、春からの蚤の市に向けて、
  情報集めとモノ集めにいそしんでいる。
  そんななかから、楽しい古道具をすこしだけ、見つけてきた。】


「hygge+」さんで恒例になりつつあるブロカント展、
オーナーのayu*さんから声をかけていただき、感謝です。

いつもお会いしているお客様や、新たに出会えるお客様に、
すごく楽しみにしています。
春一番の、「hygge+」の蚤の市、おたのしみに。

そして今回は、アンティークファブリック・レース・モチーフを使った作家さんたちのハンドワークも並びます。
アンティーク色に染まった春の「hygge+」どうぞおでかけください


くわしくはこちらのブログからも!
●「hygge+」       http://blog.goo.ne.jp/hygge-ayu
●「mon grenier」    http//www.qomono.com/qoblog.php?bloger=savaciao


「hygge+」
 〒257-0007 秦野市鶴巻1670-13黄金台ハイツ3号
tel/fax 0463-77-5561 
http://hygge.lolipop.jp/



そして、コチラ。



c0129702_11575198.gif
「雨の日の過ごし方~うつわと古道具のある風景~」
    
2009/6/15(mon)~21(sun)   am:11:00~pm:3:00

訪れるたびに、季節のうつりかわりを感じさせてくれる「Hana Tutumi」さん。

今年はじめのギャラリー林檎の木のイベントに来ていただいて、ぜひにと、声をかけて
いただきました。こういう出逢い、本当にうれしく思うのです。

林檎の木でもご一緒した「coperto」さんの器と、わたしの古道具、そして、
Hana Tutumiさんのドライフラワーのコラボ。

紫陽花をテーマに、花とうつわと、古道具の暮らしをHana Tutumiさんが、
素敵にしつらえてくださいます。


くわしくはこちらのブログからも!
●「Hana Tutumi」       http://hanatutumi.exblog.jp/
●「coperto」           http://www.coperto.jp/
●「mon grenier」    http//www.qomono.com/qoblog.php?bloger=savaciao



Hana Tutumiさんのアトリエショップ、今週のオープンは、

4月15日(水)・16日(木)・17日(金)・11時から3時まで。

「someday ~いつかきっと~」
絵本の森「NEWS BOOKS」さんと4/23のサン・ジョルディの日に向けて、
絵本とお花のコラボレーションです。



「Hana Tutumi」
千葉県四街道市鷹の台4−11−1
tel 043-376-1253
http://www.hana-tutumi.com/
 



どちらもDMをご希望のかたがいらっしゃいましたら、
ご連絡ください。
(非公開コメントで、ご住所とお名前を教えてくださいね)

郵送いたします。


*hanatutumiさんのイベントは、DMができ次第になります。
by coursdeterre | 2009-04-14 14:17 | ブロカント展

アートフェアと大江戸骨董市

昨日のあたたかな春の昼下がり、有楽町フォーラムで開催していた
「アートフェア東京」と大江戸骨董市に出かけてきました。

日本画・洋画・古美術・現代アートなど、美術界をひっぱいているギャラリーが総出。
昨日は最終日、貴重な作品が見れるとあって、すごい人ひとひと。

芸術のことはよくはわからない。
ただ見て何かを感じる、わたしはそれで満足なんだけど・・・
こんな私が大それたことをいえるわけもなく、

ただ、いつかこのような素晴らしい作品のうち、ひとつでも、
我が家にお持ち帰りできるように。

弥生時代の壺、すばらしかったです。

ガイドツアーのお兄さんの軽妙な語り口に耳をそばだてながら、
ほー、ほーって楽しめました。
ガイドツアーはいるべきだったなあって。

芸術は爆発です、ほんと、すごかった、
喉が渇きました。

感激さめやらずまま、有楽町フォーラムのお外でやっている
「大江戸骨董市」へ。
今週は骨董市づいています。

お目当てのショップをさがしながら、楽しいものを物色。
スコーン屋さん、カレー屋さん、おにぎり屋さんやコーヒー屋さんの
車の屋台もでているので、小腹がすいても大丈夫です。

勝手にあこがれているブロカントのショップも昨日は出店していて、
ほんの少しですが、話をさせていただきました。
やっぱり素敵で、思い出してはウフフと、
帰宅途中にやけていたわたし。

昨日のお持ち帰りは、アルミのトランク2つ。
前にcohakoさんとこでお持ち帰りしたタイプのもっと小さいものです。
これで、大中小と3つ揃いました。
近いうち、またブログで紹介しますねー。

大江戸骨董市は、第一、第三日曜日開催、東京フォーラム外にて。


さて、明日は、「林檎の木」に行ってきます。
なにやら楽しい企画に参加させていただきます。あー楽しみ。

どんなんだったかは、またブログで報告しますねー。



今日は写真ナシだった、、、、、、、、、、。
by coursdeterre | 2009-04-07 00:03 | 旅と散歩

春だから町田骨董市と雑貨ツアー

早朝5時半、町田に向けて出発。

骨董市 +

雑貨やパンやお菓子やをめぐる女3人一日コース。

がらくた市では友人に会う約束も。

充実楽しさ満載の一日でありましたー。




c0129702_11581130.gif
町田のパン屋「cicoute」さん、あとでご紹介しますね。




まずは、毎月1日に開催している「町田天満宮」のがらくた市。
外国の古道具もいいけど、和の古道具も時空を超えた素敵なものがいっぱい。
勉強も兼ねて時間があれば尋ね歩きます。

町田天満宮は、菅原道真公を祀った神社です、まずは家内安全のお願いに御参り。

朝から降り続いた雨の影響か、今日のがらくた市は、
出店者が少なかったかな、お目当てのお店は出ていませんでした。

だけど、「子供用のふみ机」をお持ち帰り。

c0129702_13563755.gif






お昼は、「中野屋」さんでと楽しみにしていたのですが、水曜定休でおやすみ、ザンネン。
創業昭和8年、町田の老舗の和菓子屋さんが、「cafe 中野屋」さんをはじめました。
和パフェやデザートだけでなく、おうどんも美味しいと評判なのです。次回は絶対。

行ったことあるかた、ぜひおススメのメニューをおしえてください。

「中野屋」さん   東京都町田市原町田4-11-6 中野屋新館 1F 水曜定休


お次は、うつわの「百福」さん。

町田天満宮からはすぐなので、骨董市の帰りがけに寄れるところです。
作家ものの和食器と暮らしの道具をセレクトしたお店。
行った時間が早すぎて開いていませんでした。
ウインドー越しに見たお店は、今度は必ず寄ってみよう、と思った品揃え。
シンプルで素敵な器がありそうです。

http://www.momofuku.jp/about.html  12時~



所沢から来た友人たちと、マクドナルドで合流。
春休みとあって、全員子連れ、ママたちのの古物好きにおつきあい、
みんなカワイイなあ。
しばし笑ってしゃべって、話は尽きない。
時間に制限があるので、みんなとまた今度、と惜しみながらお別れ、お次の場所へ。


車をしばし走らせ、次の目的地は、「cicoute bakery」さん。
はじめての場所もナビがちゃんと連れてってくれた、
地図好きなので、迷いながら行くのが楽しかったりするのだけれど、
時間がないときは確実なナビに頼ってます。すごいなあーカーナビ。

チクテさんは、自家製天然酵母のパンやさん、パンもお菓子も美味しいと評判だけれど、
なんといっても一番人気のマフィンは、予約をしなければ買えません。
事前に予約をしておけば、お店で買えるそうです。
発送は、1か月単位で予約をとってくれますが、4月の発送分は受付終了だそうです。

店頭受け渡し分のマフィンが、棚にいっぱいあって、
見るからにふかふかおいしそうでしたーーー。
マフィンは今回は残念だったけれど、パンはたくさん買ってきました。
毎日大事に大事に食べています。おいしいパンを食べるとき、贅沢な幸せなひとときです。

c0129702_1411781.gif


住宅街の小さな小さなパン屋さんでした。
お店のかたにことわって、外からだけ撮影させていただきました。






c0129702_14531457.gif



http://cicoute-bakery.com/
http://www.cicoute.com/cicouteindex.html(下北沢にはカフェがあります)








楽しい時間にはタイムリミットあり、夕飯どきには帰らなければならないし、
「ひなた菓子」さんと「ひより」さん、行けるかなあと先を急ぎます。

チクテさんから車で10分ほどで、「ひなた菓子」さんに到着。

小さな平屋のおうちで始めた焼き菓子店。
通りから奥にはいったところだし、すごくわかりにくいうえ、車がぶつかりそうなぐらい、
狭い路地をはいっていくのですが、行くほどに嬉しくなるカワイイお店です。

「前にも来ていただきましたよね」
って、はいー、何度もきますよー!

身体にやさしくて素朴な焼き菓子、ほんわかしながら食べています。

c0129702_1428441.gif








あと1軒、いそごうね、と向かった先は、雑貨と器の「hiyori」さん。
わたしがやっているコブログのブログで、ときどき遊びに行っている「コトリ工房」さんから
とんでいって発見したショップ。

町田の閑静な住宅地の中、水曜日だけオープンの自宅ショップです。

時間がなく慌てていたので、写真を撮らせてくださいとお願いするのを忘れていました。
靴をぬいで、バブーシュカに履きかえ、お友達のおうちに招かれたようなショップ、
お母様と娘さんと始められたのだそうです。

作家さんの器や布小物、シンプルな雑貨がいろいろあって楽しい。
骨董市で買われたという、什器として使われていた古家具も素敵だったし、
ショップのカードに使われている、籐の子供用の椅子がディスプレイされていて、
娘さんが「わたしが子どものときに使っていた椅子なんですー」

古いものを大切にする、モノを大事にする気持は、お母さまから受け継いでいるんですねー、
ときどき、仲間にいれてほしそうに顔をのぞかせる、黒ラブちゃんがかわいかったー。
あたたかな気持ちにさせてくれるショップでした。


古い実験用の試験管たて、
そして、コトリ工房さんの鍋つかみをいくつかお持ち帰りしました。

コトリ工房さんは、鬼子母神の手創り市にでているそうです。
いつか行ってみよう、そして、いつか自分も出てみたい。




c0129702_1457297.gif


ボーダー好き。
鍋つかみとしてもいいけど、ポット用のマットでもカワイイ。

http://hiyorino.exblog.jp/ 








朝早くでたので、一日たっぷり遊び、心もお腹もいっぱい。
頭スイッチ入れ替えて、車を飛ばして帰りました。

春のお散歩。
桜にはまだちょっと早かったけど、コブシや沈丁花の香りを
ときどき楽しみながら。
by coursdeterre | 2009-04-04 15:11 | 旅と散歩