テラコッタとブロカント          


by coursdeterre

プロフィールを見る
画像一覧

ご質問・お問い合わせは

カテゴリ

全体
自己紹介
about Cours de Terre
テラコッタ
暮らし
古道具・アンティーク
ジャンクとガーデンと花
イベント
ブロカント展
おいしいもの
千葉のcafeとshop
東京下町のcafeとshop
パリ日記
パリ日記2012
旅と散歩

ローラの家
LIVERS DE VERS

お気に入りブログ

バラの庭づくり oake...
トスカーナ オリーブの丘...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
wreath of 36...
GENUINE
AT Y’s お花と暮らし
go! go! Favo...
青空時間
Harvest *Wreath
工房nonaの日記
coco wa cafe  
あとりえ fu-ro ...
わがままdiary *U...
SOMETIME BLUES
Am*sam
オンリーwanの預かり日記
kupu
ironna happa 通信
そばにhandmadeが...
*vie noix
visitandine(...
alotof love!
とことこぱん
m*Flower
林檎切手倶楽部
green + wire
Fragoline**
バニヤンの木陰で・・・
gris souris
Cours de terre
ヒビノカケラ

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:旅と散歩( 15 )

取手散歩


取手に行ってきました。

茨城在住の、ライター兼、月のリズムでお米をつくっている、なかじまやの栄子さんに案内してもらいました。

取手のマクロビオテックのカフェ、jutouさんと

c0129702_20444968.jpg
c0129702_2045348.jpg
c0129702_20453612.jpg
c0129702_20455879.jpg


守谷のくろねこかしやさん

c0129702_211554.jpg
c0129702_211238.jpg



栄子さんの自宅にもお邪魔して、ひさしぶりに炬燵にはいって団欒。
縁側から広がる田んぼの風景、90歳を過ぎたおばあちゃんの背中、

なつかしさとあたたかさが心に残るひとときでした。


なかじまやさん、
今月は、黒豆お味噌つくり教室を開催中。

来週2/7は、グリスーリです。
by coursdeterre | 2012-02-05 21:18 | 旅と散歩

「林檎切手倶楽部」 カフェ・ポステンさんに行く!

c0129702_10234934.gif


先日、つくばにあるカフェ「ポステン」さんに行ってきました。

な、なんと、切手好きがあつまってできた「林檎切手倶楽部」に
外部イベントのオファーをいただき、下見を兼ねて、
みんなでワイワイとつくばまで遠征。

車の中は、すっかり遠足気分の女子、
ラジオの音なんか聞こえないしーーーっ。

c0129702_10301284.gif


「ポステン」さんは、郵便局を営んでいた家族が住んでいたという
大正時代の建物を改装したカフェ。

間口は小さいのですが、奥はずずずーーっと長いのです。

それはそれは素敵なのです、
はじめて行った、わたしとヒラノさんは、
着くやいなや、きゃーきゃーと喜び踊ってました。

カフェがあるつくばの北条という場所は、
かつては宿場町として栄えたそうなのですよ。
オーナーの奥様である、ガラス作家の大西みゆきさんから伺いました。

なのでその面影があちらこちらに。
散策するのも楽しそうでした。


イベントは、こちらの2階をお借りして、
題して

「POSTEMPO vol.1」

日にちは 4月25日 日曜日


部長カワイさんのデザインが楽しい切手、
ヒラノさんの外国の古切手のコラージュ、
カナパンのパン、
わたしの切手にまつわるアンティークを販売しまーーーす。

プラス

楽しいイベントも企画していまーす。

くわしくは、またのちほど。


「林檎切手倶楽部」のブログでも、
随時アップしていきますので、
こちらも要チェックです。
by coursdeterre | 2010-03-19 10:47 | 旅と散歩

神奈川界隈(1) 平塚のカフェ 「cafe pomme」さん

c0129702_13385982.gif


我が家からは、かなり遠い平塚のカフェ 「Cafe Pomme」さん。

ご縁があったのは、秦野のhygge+さんから。

ブロカント展のあと、打ち上げ会に参加させていただいた際、
はじめてcafe pommeさんに伺いました。

ご主人がシェフ、奥様のmakoさんがサービス係。
ご夫婦二人三脚で、工夫を凝らした日替わりメニューで、いつも大盛況です。

奥様のmakoさんが雑貨アンティーク好きで、
店内には、かわいい雑貨があちこちにディスプレイされていて、
販売もされています。

hygge+さんで開催していたブロカント展にも
来ていただいて、イギリスのステンドグラスを買っていただいたご縁。

ちょうど、カフェをオープンするときで、カフェ内にこのステンドグラスを
使っていただいていますので、行かれたかた、ぜひチェックしてみてくださいねー。





c0129702_1337845.gif


手仕事が得意なmakoさん、
手つくりのテーブルクロスや、エプロンやコースター。

温かみがあって、ほっこりとするカフェです。

ちょうど先月、hygge+さんが外部のイベント(おみせ)が平塚であったので、
cafe pommeさんに寄らせていただきました。

「カフェのオープン前に、朝一番にイベントに行ってきたんですよー」と
忙しい中でも、雑貨に対する情熱をのぞかせるmakoさん。

また寄らせていただきますねーーー。



Cafe Pomme (カフェ・ポム)
神奈川県平塚市徳延319-5 AGORA 1F
Tel 0463-34-5019
Open 11:00~Close 21:00 (O.S. 20:00)
駐車場有
http://www.cafe-pomme.com/
by coursdeterre | 2009-12-04 14:03 | 旅と散歩

粟島へ

c0129702_20554865.gif


お盆にかけて、友人の実家がある新潟県の粟島に行ってきました。

新潟の最北部の村上で列車を降り、そこから岩船港まで車で20分ほど、
そこから船でわたります。

高速船で約1時間ほどの粟島は、人口400人も満たないちいさなちいさな島です。

c0129702_2111645.gif
c0129702_2115596.gif


ガラガラの岩船港の待合室です、この長椅子にやられましたー。
そして、切符を買う際、ここで名前や住所を所定の紙に記入します。

「旅客名簿カウンター」 なんともノスタルジックです。色合いにもやられました。
オーシャンブルーです。


c0129702_2172767.gif


レトロな船の椅子。座り心地はばっちりです。

c0129702_21103955.gif


粟島が見えてきたところです。

新潟県岩船郡粟島浦村、

ひさしぶりに帰郷した友人がびっくりしたことは、

○島に信号がひとつだけ設置されていたこと(稼働してませんでしたが)

○コミュニティバスが循環していたこと

○島の山に遊歩道ができていたこと

○お土産やさんや食堂が激減していたこと

○小学校の分校がなくなっていたこと


粟島には車の乗り入れは島民以外は禁じられています。

船が着く東海岸(内浦地区)と西海岸(釜谷地区)とわかれていて、
友人の家がある民宿・源左ェ門は、釜谷にあります。

移動は、民宿の送迎のみ。あとは、時間があえばコミュニティバスを利用します。
山をひとつ越えるのですが、20分ほどで釜谷地区へ。

東は平たんでなだらか、海は砂でおだやかなです。

西の釜谷地区は、岩場で波も荒く、民宿は傾斜地に立っています。

笑い話ですが、源左ェ門に泊まっていたお客さんは、天候が悪く、
波と風が強くて身体が押しつけられ、
岩場に足をぶつけて血だらけになっていました。
民宿のお手伝いで、部屋の片づけをするたびに、ヨードチンキを発見。

でも海のきれいさはぴか一だとおもいます。
透き通るような海、ひさしぶりに見て感動しました。

c0129702_21303988.gif


山の上にある神社から臨む釜谷地区の海です。

残念ながら天気が悪くて、夜空の星はみれませんでした。
流れ星もみえるほど、星がきれいなんだそうですよー。



c0129702_213538100.gif


ある日のランチは、この岩場で。

おにぎりとフルーツ持参で、岩場に座り込み、波の音とトンビの鳴き声を聞きながら、
ぜいたくランチ。

c0129702_21395329.gif


ちょっと遠出をしたならば、たまたま通った軽トラックに乗せてもらう。

軽トラ移動中。

友人いわく、島民はみんな知り合い、だそう。

c0129702_21443063.gif


島、唯一の郵便局。
役場も郵便局も、小学校(中学校も一緒)も内浦地区にあります。

消防署も、交番も、コンビニもお医者さんも高校も島にはありません。
スーパーは、農協がやっているのがひとつだけ。

島にたまたまお嫁にきたかたが看護師さんがひとりいるそうですが、
来年定年だそうです。

ないないづくしの粟島ですが、
美味しい魚と人情。そして美しい手つかずの自然があります。

粟島、みんながおおらかです。

泊まるならば、民宿源左ェ門へ、

ぜひぜひ、粟島、行ってみてください。

でも冬はだめですよ、波が荒くて船がでませんって。


粟島のサイト
http://www.vill.awashimaura.lg.jp/index.html
by coursdeterre | 2009-08-19 21:55 | 旅と散歩

アートフェアと大江戸骨董市

昨日のあたたかな春の昼下がり、有楽町フォーラムで開催していた
「アートフェア東京」と大江戸骨董市に出かけてきました。

日本画・洋画・古美術・現代アートなど、美術界をひっぱいているギャラリーが総出。
昨日は最終日、貴重な作品が見れるとあって、すごい人ひとひと。

芸術のことはよくはわからない。
ただ見て何かを感じる、わたしはそれで満足なんだけど・・・
こんな私が大それたことをいえるわけもなく、

ただ、いつかこのような素晴らしい作品のうち、ひとつでも、
我が家にお持ち帰りできるように。

弥生時代の壺、すばらしかったです。

ガイドツアーのお兄さんの軽妙な語り口に耳をそばだてながら、
ほー、ほーって楽しめました。
ガイドツアーはいるべきだったなあって。

芸術は爆発です、ほんと、すごかった、
喉が渇きました。

感激さめやらずまま、有楽町フォーラムのお外でやっている
「大江戸骨董市」へ。
今週は骨董市づいています。

お目当てのショップをさがしながら、楽しいものを物色。
スコーン屋さん、カレー屋さん、おにぎり屋さんやコーヒー屋さんの
車の屋台もでているので、小腹がすいても大丈夫です。

勝手にあこがれているブロカントのショップも昨日は出店していて、
ほんの少しですが、話をさせていただきました。
やっぱり素敵で、思い出してはウフフと、
帰宅途中にやけていたわたし。

昨日のお持ち帰りは、アルミのトランク2つ。
前にcohakoさんとこでお持ち帰りしたタイプのもっと小さいものです。
これで、大中小と3つ揃いました。
近いうち、またブログで紹介しますねー。

大江戸骨董市は、第一、第三日曜日開催、東京フォーラム外にて。


さて、明日は、「林檎の木」に行ってきます。
なにやら楽しい企画に参加させていただきます。あー楽しみ。

どんなんだったかは、またブログで報告しますねー。



今日は写真ナシだった、、、、、、、、、、。
by coursdeterre | 2009-04-07 00:03 | 旅と散歩

春だから町田骨董市と雑貨ツアー

早朝5時半、町田に向けて出発。

骨董市 +

雑貨やパンやお菓子やをめぐる女3人一日コース。

がらくた市では友人に会う約束も。

充実楽しさ満載の一日でありましたー。




c0129702_11581130.gif
町田のパン屋「cicoute」さん、あとでご紹介しますね。




まずは、毎月1日に開催している「町田天満宮」のがらくた市。
外国の古道具もいいけど、和の古道具も時空を超えた素敵なものがいっぱい。
勉強も兼ねて時間があれば尋ね歩きます。

町田天満宮は、菅原道真公を祀った神社です、まずは家内安全のお願いに御参り。

朝から降り続いた雨の影響か、今日のがらくた市は、
出店者が少なかったかな、お目当てのお店は出ていませんでした。

だけど、「子供用のふみ机」をお持ち帰り。

c0129702_13563755.gif






お昼は、「中野屋」さんでと楽しみにしていたのですが、水曜定休でおやすみ、ザンネン。
創業昭和8年、町田の老舗の和菓子屋さんが、「cafe 中野屋」さんをはじめました。
和パフェやデザートだけでなく、おうどんも美味しいと評判なのです。次回は絶対。

行ったことあるかた、ぜひおススメのメニューをおしえてください。

「中野屋」さん   東京都町田市原町田4-11-6 中野屋新館 1F 水曜定休


お次は、うつわの「百福」さん。

町田天満宮からはすぐなので、骨董市の帰りがけに寄れるところです。
作家ものの和食器と暮らしの道具をセレクトしたお店。
行った時間が早すぎて開いていませんでした。
ウインドー越しに見たお店は、今度は必ず寄ってみよう、と思った品揃え。
シンプルで素敵な器がありそうです。

http://www.momofuku.jp/about.html  12時~



所沢から来た友人たちと、マクドナルドで合流。
春休みとあって、全員子連れ、ママたちのの古物好きにおつきあい、
みんなカワイイなあ。
しばし笑ってしゃべって、話は尽きない。
時間に制限があるので、みんなとまた今度、と惜しみながらお別れ、お次の場所へ。


車をしばし走らせ、次の目的地は、「cicoute bakery」さん。
はじめての場所もナビがちゃんと連れてってくれた、
地図好きなので、迷いながら行くのが楽しかったりするのだけれど、
時間がないときは確実なナビに頼ってます。すごいなあーカーナビ。

チクテさんは、自家製天然酵母のパンやさん、パンもお菓子も美味しいと評判だけれど、
なんといっても一番人気のマフィンは、予約をしなければ買えません。
事前に予約をしておけば、お店で買えるそうです。
発送は、1か月単位で予約をとってくれますが、4月の発送分は受付終了だそうです。

店頭受け渡し分のマフィンが、棚にいっぱいあって、
見るからにふかふかおいしそうでしたーーー。
マフィンは今回は残念だったけれど、パンはたくさん買ってきました。
毎日大事に大事に食べています。おいしいパンを食べるとき、贅沢な幸せなひとときです。

c0129702_1411781.gif


住宅街の小さな小さなパン屋さんでした。
お店のかたにことわって、外からだけ撮影させていただきました。






c0129702_14531457.gif



http://cicoute-bakery.com/
http://www.cicoute.com/cicouteindex.html(下北沢にはカフェがあります)








楽しい時間にはタイムリミットあり、夕飯どきには帰らなければならないし、
「ひなた菓子」さんと「ひより」さん、行けるかなあと先を急ぎます。

チクテさんから車で10分ほどで、「ひなた菓子」さんに到着。

小さな平屋のおうちで始めた焼き菓子店。
通りから奥にはいったところだし、すごくわかりにくいうえ、車がぶつかりそうなぐらい、
狭い路地をはいっていくのですが、行くほどに嬉しくなるカワイイお店です。

「前にも来ていただきましたよね」
って、はいー、何度もきますよー!

身体にやさしくて素朴な焼き菓子、ほんわかしながら食べています。

c0129702_1428441.gif








あと1軒、いそごうね、と向かった先は、雑貨と器の「hiyori」さん。
わたしがやっているコブログのブログで、ときどき遊びに行っている「コトリ工房」さんから
とんでいって発見したショップ。

町田の閑静な住宅地の中、水曜日だけオープンの自宅ショップです。

時間がなく慌てていたので、写真を撮らせてくださいとお願いするのを忘れていました。
靴をぬいで、バブーシュカに履きかえ、お友達のおうちに招かれたようなショップ、
お母様と娘さんと始められたのだそうです。

作家さんの器や布小物、シンプルな雑貨がいろいろあって楽しい。
骨董市で買われたという、什器として使われていた古家具も素敵だったし、
ショップのカードに使われている、籐の子供用の椅子がディスプレイされていて、
娘さんが「わたしが子どものときに使っていた椅子なんですー」

古いものを大切にする、モノを大事にする気持は、お母さまから受け継いでいるんですねー、
ときどき、仲間にいれてほしそうに顔をのぞかせる、黒ラブちゃんがかわいかったー。
あたたかな気持ちにさせてくれるショップでした。


古い実験用の試験管たて、
そして、コトリ工房さんの鍋つかみをいくつかお持ち帰りしました。

コトリ工房さんは、鬼子母神の手創り市にでているそうです。
いつか行ってみよう、そして、いつか自分も出てみたい。




c0129702_1457297.gif


ボーダー好き。
鍋つかみとしてもいいけど、ポット用のマットでもカワイイ。

http://hiyorino.exblog.jp/ 








朝早くでたので、一日たっぷり遊び、心もお腹もいっぱい。
頭スイッチ入れ替えて、車を飛ばして帰りました。

春のお散歩。
桜にはまだちょっと早かったけど、コブシや沈丁花の香りを
ときどき楽しみながら。
by coursdeterre | 2009-04-04 15:11 | 旅と散歩

0泊3日京都プチ旅行

そうだ!京都へ行こう!♪

と、おもいつくまま、夜行バスに乗り込み、0泊3日の京都を堪能してきました。
目的は、「知恩寺の手つくり市」。

ガイドは、京都に詳しい友人におまかせ。
短時間でハードだったけど、雑貨とカフェと手つくり市の旅。充実の一日でしたよー。

c0129702_13411499.gifc0129702_13414648.gif
夜10時半発の夜行バス、ゆらりゆられて、翌朝6時半に京都駅へ到着、いざ!
まず、京都の朝は、「イノダコーヒー」から。
7時まわったばかりだというのに、店内はすでに常連さんから観光客まで、満員。




c0129702_13504617.gif

ハムサンドとマッシュルームのスープ。
こだわりのハムは、茅ケ崎のハム工房ジローから。
サイコーのモーニングです。

東京大丸に、コチラ京都の老舗イノダコーヒー初進出したので、こちらでもいただけます。
(*メニューは違うかも)




c0129702_1435626.gif
イノダコーヒーの前で。




c0129702_144991.gif
イノダコーヒーをでて、京阪四条駅まで、ぶらりぶらり。
有名な足袋や、「分銅屋足袋」さん。






c0129702_1445934.gif
朝が早いので、どこもお店はしまっている。
ショウウインドウを見ながら、ぶらりぶらり、は楽しい。

お豆腐屋さん、にほひ袋のお香やさん、LINNETさん、アンティークやさん、足袋やさん。






c0129702_1422797.gif
京都らしい町屋の風景。






c0129702_14225326.gif
自転車とおかもち。





c0129702_14233625.gif
老舗の俵屋旅館のオリジナルグッズが買える「ギャラリー遊形」。
植え込みが素敵。

京阪電車で出町柳駅まで。
今回の目的の手つくり市の「知恩寺」までは駅から徒歩10分。

印象にのこったブースをご紹介。




c0129702_14391695.gif
朝9時で、すごい人ごみ。人をかきわけかきわけ。

あざやかなブルーのクロスに、ピンクのプライスタグ、黒の入れ物で、
ひときわ目立っていた焼き菓子のお店、「banbanparis」さん。





c0129702_14464426.gif
ジュエリーのような焼き菓子。パリのエスプリたっぷり。




c0129702_14541931.gif
元気おばちゃん3人組の編み物とカゴのブース。

「そこのおねーさん、帽子がよくお似合いよ、この帽子もかぶってみてーーっ」
のお誘いにホイホイとのったワタシ。かぶっていたベレー帽をはずして、おばちゃんの
つくった帽子をかぶってみる。
「鏡は?」と聞くと、「ほれ、あっちの鏡で見てみいーよく似合ってるわ!」と、
人のブースの鏡を指さす、おばちゃんたち。たくましー。

22年、この手つくり市にでているそうです。かっこいいよ、おばちゃん達。
左のおばちゃんがかぶっている帽子を買いました。営業もうまかった。




c0129702_1522359.gif
インパクトばっつぐんのリネンのハンカチーフ「イワイワハンカチーフ」さん。
まいりました。




c0129702_1534656.gif
購入すると、ひとつひとつお兄さんが、紙にいれてくれます。
お兄さんの服、椅子、鞄、どれをとってもこだわりのモノ。素敵でした。





c0129702_15121040.gif
とてもセンスのいい布小物のお店発見。
「FRATTO」さん。女性3人組でやっています。





c0129702_15171917.gif
この看板にバキューンとうたれました。
家の前の溝をふさいでいた鉄板だそうです。欲しーーっ。





c0129702_15151422.gif
テントまで手つくり。シーチング生地でつくっています。
このこだわりに脱帽。
「雨だと、ふつうのビニールに戻っちゃうんですよ(笑)」と言ってました。

ご親切に、私たちが引いていたスーツケースを預かってくれました。
おかげで手ぶらで満員の手つくり市を回れてましたよー、ほんとうに感謝でした。





c0129702_15264124.gif
手つくり市に来たら絶対ここでコーヒーを、と言っていた友人。「御多福珈琲」さん。





c0129702_15303959.gif
長蛇の列でした。おいしかったですよー。
この手つくり市で地道にコツコツとやって、ついに実店舗までオープンしたそうです。




c0129702_15403810.gif
いつか欲しい山ぶどうのバック。憧れ。





c0129702_154350100.gif
またまた心を射られたお店、「とりとこ舎」さんと、
一緒にお店を出されてたホームスパンのお店。




c0129702_15445117.gif
自然の素材で染め上げた糸たちは優しい色合い。大変な作業でコツコツと染めているそうです。




c0129702_1555960.gif
とりとこ舎さんは、自然食材や焼き菓子、ジャムなどを販売。





c0129702_1622793.gif
手つくりの市のしめくくりは、コチラでマッサージ。
夜行バスで疲れた身体もほぐれたーー。極楽極楽。
冬場はお休みで、春からここで再開するそうです。




c0129702_16954.gif
6時間以上も満喫した手つくり市、知恩寺にお参りもすませて、
京阪電車の鞍馬線にのって一乗寺にある「けいぶん社」さんへ。




c0129702_16103332.gif
セレクトされた本はみんな欲しい。
ちまたで売っていないモノもあったりして、雑貨や本すきにはたまりません。
建物の上は、アパートメントになっていて、お部屋の空き情報がありました。
ここに住めたらいいな。





c0129702_16114244.gif
路線バスに乗って、にぎやかな四条河原町まで。
お土産さがしにぶらりぶらり。
閉店間際の京都タカシマヤさんで、和菓子などをゲット。

お腹もすいて、バスに乗る前に夕飯をがっつり食べようと、タカシマヤさんの近くの
町屋カフェ「Cafe Marble」へ。




c0129702_16132710.gif
朝日とともに活動した今日一日、どっぷりと日が落ちました。





c0129702_16312721.gifc0129702_16314252.gif
カレーおいしかったあー。





あっちへ行くのもこっちへ行くのも、すべて友人まかせ。
プチ京都旅行を一日たーーーっぷりと楽しみました。感謝。

夜行バス、ほどよい揺れ?でぐっすり眠れれば最高。
朝早くから、夜遅くまでたっぷりと有効に時間が使えます。

ちょっとクセになるかな、この旅。
またの機会に。

長い長いレポにお付き合いいただき、ありがとう、です。

京都のココがおすすめ、素敵なお店、カフェがありましたら、
ぜひおしえてください。

またまた行っちゃうかも!0泊3日ーーーーの旅。
by coursdeterre | 2008-11-20 16:36 | 旅と散歩

西荻窪・古道具ツアー&すこし吉祥寺

先日ひっさしぶりに西荻窪へ。

いろいろと行きたいところはあるけれど、時間に限りあり、
とにかく、歩く、見る、歩く。

まずは目指すは「廬山」 → 「recit レシ」 → 「無相創」 → 「ギャラリーブリキ星」へ。
お腹ペコぺコ、インドカレー「シタル」で、マトンとかぼちゃのカレーで万福。

つづいて、「le midi ルミディ」 → 「駱駝」 → そして、「オークンバケット」さんへ。

いつも並んでいるという、ベーグルやさん「pomme de terre」 → 「トリトリ」 → カフェで加藤さんにごちそうしてもらう(メルシー加藤さん!)

そのあとは、バスに揺られ、吉祥寺へ移動。

「ジュビリーマーケット」 → 「Promenade プロム・ナドゥ」 → 最後はこだわりのスーパー「三浦屋」 で、この日は終了。三浦やさんで食材買ったし急ぎ足で帰宅。

さてさて、

私のブログにもリンクさせていただいてる「Oaken Bucket オークンバケット」さん。
バラの庭づくりをしているショップです。

c0129702_1502557.gif


ショップは閉めている日が多いと聞いていたけど、一度行ってみたかった、
開いてるかなあ、とドキドキしながら行ってみると、中からはショップのオーナーの
加藤さんが。

実は加藤さん、以前は、テラコッタ教室の生徒さんで遠くから千葉まで
通ってきてくれてました。

この間のバラとガーデニングショーにも出店されていて、そこで久しぶりにお会いできたのだけど、それ以来のご無沙汰、今日はたまたま自分が店当番だったと、すごいラッキーな日。

c0129702_156647.gifc0129702_1561685.gifc0129702_1562629.gif
c0129702_15112352.gifc0129702_15114387.gifc0129702_15121367.gif
c0129702_15145640.gifc0129702_151566.gifc0129702_15151864.gif


ショップ入口には、誘引されたツルバラにたくさんのローズヒップが見事でした。
小さな店内には、カントリーガーデンにぴったりなアンティークやかわいい雑貨、そして
オススメのバラ苗とバラには大切な肥料などが売っています。

オーナー手つくりの小さな洋服のオーナメントがかけられて、静かな温かな空気が
流れているショップです。

c0129702_15322630.gif


バラのガーデン作り・メンテナンスを主に、バラ作りのレッスンもやっているので、
ぜひHPでチェックしてみてください。ブログのrose letterでも、薔薇好きには、とってもタメに
なることがいっぱい、私もいつも見ています。
by coursdeterre | 2008-09-28 15:55 | 旅と散歩

庶民的韓国ソウル散歩②

ソウルは毎年のように行っていた大好きなトコロ。
2年前に行ったとき、ぶらぶら歩いて発見した「三花嶺」
そして、このカフェ。

「サグァナム」

c0129702_215121.gif
c0129702_21522578.gif
c0129702_21551680.gif


10年も前からあったらしいーー、こんな素敵なお店なぜ気づかなかったんだー。

仁寺洞(インサドン)の路地裏にひっそりと佇む韓国伝統家屋、赤いアイアンの門や
外観は、一見してヨーロッパのどこぞのレストランを思わせる雰囲気なのだけど、
古い韓屋をそのままカフェにしている。日本でいうと古民家カフェ。

ちょうど近くで韓定食食べたばかりでお腹いっぱい、
フードメニューがいっぱいあったのだけど、コーヒーをオーダー。
、、っていうか、ハングルのメニューだから内容ちんぷんかんぷんだったんですけどね。

お店の名前もハングルだから、わからなかった。
看板があんまり可愛くて惹かれてはいってみたカフェ。

帰りの飛行機の中で、キャビンアテンダントのお姉さんにショップカード見せて
英語で聞いてみた。

「apple tree!」

りんごの木という名のカフェ。
そういやあ、カフェの中庭には木が植わってました。
冬だったから、葉がなくて気づかなんだ。

ここは絶対におススメのお店。カフェ好き、ソウル行く人はぜひに。
Nさん、行ってらっしゃーい。


「りんごの木」(サグァナム)
三花嶺のすぐ近く

写真の看板が目印
by coursdeterre | 2008-09-02 22:15 | 旅と散歩

庶民的韓国ソウル散歩

c0129702_2104896.gif友人が今週から韓国ソウルに旅行に行くという。
どこがおススメ?と聞かれて、
そうだなあー。

にぎやかな街を歩くだけども楽しいし、
歴史的建造物の観光もいいよねえ。
アカすり、エステやって、
ソウルのクリスピードーナツは並ばずに
食べれるかも。
そうだ、やっぱ、食べることははずせないよねえ。

わたしはソウルに行ったら、ずっと食べてる。
ひたすら食べ続けてる。
ソウルは何でも美味しい。
コンビニのジャンクフードだって、
屋台で食べたって美味しい。


c0129702_21331537.gifあなどれないのが、ロッテ百貨店の
フードコート。
ここの食べ物もおススメ。
冷麺、おススメ。
安くてウマい。
デパ地下めぐりして、オバちゃんたちの
食べろ買えの勧誘を上手に切り抜けて
お土産など買ったら一休みするのもいい。
買い物にきた韓国のおばちゃんたちと
一緒に食べれるのがいい。

帰りの空港で必ず食べるもの、
冷麺。これ絶対!
最後の最後まで食べ続け。
とにかく何でも旨いのだ。

c0129702_2134320.gif仁寺洞(インサドン)に行ったら、
「三花嶺」へ。
韓国のお茶を売ってるお店なんだけど、
お手ごろで素敵な作家ものの器が売ってる。日本通、日本大好きなオーナーが、
片言の日本語で、お茶を何杯も何杯もサービスしてくれる。
居心地よくて楽しくて、帰る日、空港までのバスに乗り遅れそうになった。



「三花嶺」(サマリョン)
安国駅6番出口から仁寺洞へ。
まっすぐ歩いて左の「学古斎」の
あるビルから左に曲がり少し行 く。
右手の小さな小さなお店。
by coursdeterre | 2008-09-01 21:57 | 旅と散歩