テラコッタとブロカント          


by coursdeterre

プロフィールを見る
画像一覧

ご質問・お問い合わせは

カテゴリ

全体
自己紹介
about Cours de Terre
テラコッタ
暮らし
古道具・アンティーク
ジャンクとガーデンと花
イベント
ブロカント展
おいしいもの
千葉のcafeとshop
東京下町のcafeとshop
パリ日記
パリ日記2012
旅と散歩

ローラの家
LIVERS DE VERS

お気に入りブログ

バラの庭づくり oake...
トスカーナ オリーブの丘...
ヒトは猫のペットである
猫と紅茶
wreath of 36...
GENUINE
AT Y’s お花と暮らし
go! go! Favo...
青空時間
Harvest *Wreath
工房nonaの日記
coco wa cafe  
あとりえ fu-ro ...
わがままdiary *U...
SOMETIME BLUES
Am*sam
オンリーwanの預かり日記
kupu
ironna happa 通信
そばにhandmadeが...
*vie noix
visitandine(...
alotof love!
とことこぱん
m*Flower
林檎切手倶楽部
green + wire
Fragoline**
バニヤンの木陰で・・・
gris souris
Cours de terre
ヒビノカケラ

ブログパーツ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

古いガラスのコップ

c0129702_23144080.gif


フランスの温泉療法に使っていたガラスコップです。

カゴと目盛りに弱いわたしは、はじめて見たときは
喜びでぷるぷるっと震えてしまいました。

いろんな温泉地のカップを見てきましたが、
圧倒的、このVichyが一番多く、
温泉地として、お水がおいしいところとして知名度が高いのがうかがえます。

Vichyは、フランスのちょうど真ん中あたり、
現在も、ミネラルウオーターや、このお水で作られるキャンデーが有名です。



c0129702_23163384.gif


このカップには、持ち運び用に大体かごがついています。
お土産として、温泉地に来た人たちが買っていったものなんですね。







c0129702_23151155.gif


こちらは、Boulou という温泉地のカップになります。
アンティークの大好きなかたのもとに、すでに旅立っていますが、

カゴが籐で手で編まれていて、
留め金も繊細な作りで、かなり昔のものだとパリ郊外の古道具商から聞きました。

写真の右側のものは1950年~60年代のものなので、
違いがわかりますね。

Boulouは、フランスのラングドック地方、スペインのすぐ近くのところです。

いろいろと調べてみると、1800年代に、日本のかたが、
Boulouの温泉地に行ったと記述が残っています。

またまた、ぷるぷるっときてしまいます。
長い歴史のあいだに、人もモノも、旅をしているんですね。



「旅するブロカントvol.4 」 開催中です。

あさってまで。

open
12月11日(金)、14日(月)、16日(水)、18日(金)、19日(土)
10:30 ~ 15:00(土曜日のみ11:00から)


わたしは19日(土)のみですが、ショップにいますので、
ぜひ声をかけてくださいね。

「hygge+」
神奈川県秦野市鶴巻1670-13黄金台ハイツ3号
tel. 0463-77-5561
小田急線東海大学前駅 徒歩5分

駐車場有
by coursdeterre | 2009-12-17 23:44 | 古道具・アンティーク